Author: Nexus Frontier

Using disruptive technology to turn ‘useless’ data into competitive advantage: An interview with Danny Goh, Co-founder and CEO of Nexus FrontierTech

 

*This is a guest post written by Ton Dobbe – Chief Inspiration Officer at Value Inspiration and host of the Value Inspiration Podcast.

 

Every week I interview entrepreneurs and experts from around the world to share their big idea about new forms of value creation and the potential we can unlock when technology augments the unique strengths of people to deliver remarkable impact.

 

Untouched value opportunity

 

I was inspired by the big idea behind Nexus FrontierTech, hence I invited Co-founder and CEO Danny Goh to my podcast. We explored the enormous value opportunity that millions of organizations leave untouched around unstructured data simply because the ‘can’t manage it’. We also explored Danny’s vision on how the world is changing from an app-centric world into a skill-centric world and how that will influence the way we can create solutions going forward.

 

The thing that triggered me most from my interview with Danny:

 

¨The advantage that we give to them [our clients], is they’re one step ahead of their competitors.¨

 

Why did this trigger me? What’s the bigger value I see?

 

Far too often we create IT solutions that are about creating efficiencies and cost savings. And while that’s all good, in the end it’s only about creating incremental value. What I admire in Nexus’ approach is they start with the outcome in mind and find ways to utilize the latest technologies to create competitive advantages for their customers. It’s the reflection of how the combination of technology and people can deliver value far beyond the expected. That’s where shifts in value are created. That’s enabling their customers get ahead of other players in the market.

 

What’s the bigger question / opportunity that is being raised?

 

It’s the question: ‘What’s stopping us from delivering more competitive advantage?’ From what I see around me a lot starts with mindset. It’s asking the simple question: ‘why’ more often. ‘Why does a mortgage process at a bank take weeks, sometimes months? Why can’t this be done in days?’ ‘Why is an M&A process occupying so many consultants for months?’ ‘Why do people need to drive certain processes forward?’ And ‘Why aren’t we utilizing the creative gifts of people so little in everyday situations?’

 

Too often we settle with making significant adjustments that effectively do nothing more than allowing people to do more of the things they’re not meant to be doing in the first place. Why not think different and invest in ‘skills’ upgrades that make people do better (rather than just ‘more’) and deliver value unimaginable before. That’s where today’s technology can have its greatest impact. We just need to start thinking this way.

 

Listen to the big idea behind Nexus FrontierTech, and why it has the potential to transform the competitive powers of virtually any organization.

Based in Geneva and Boston, Mark is a socio-economic strategist researching MegaTrends, business model innovations and competitiveness. He is the co-author of the bestseller Understanding How the Future Unfolds: Using Drive to Harness the Power of Today’s Megatrends. He has advised and consulted cities, governments and UN agencies at the interface between business, technology and government.

 

What sparked your interest in AI  and lead you to co-found Nexus FrontierTech?

 

I have always found technology a Pandora’s Box rather than a panacea and most of my own thinking came from my lack of understanding. With the book on Megatrends with Terence Tse, PhD, a whole new world opened up to me and although I am far from being an expert or even a connoisseur, my appreciation for technology has become a common trait in all of my teaching and researching activities, as well as in my work consulting to governments and government leaders.

 

Where do you see the state of AI at this moment in time? Is it something that’s REALLY being implemented? Is it all talk, no walk?

 

I think it depends greatly on where we look. I am a macro guy and I’ll provide you with a macro answer. There are still tons of countries that are far from even devising a proper AI strategy, with the exception of the usual few. So I see AI being a crossroad in terms of social and public awareness, with more and more people discussing it, but still uncertain on the steps to follow. I see this as a big awakening without much action still…but without a doubt, the overall compass of the conversation on AI has shifted to a much larger group of stakeholders. 

 

With so many tech companies claiming to work wonders for businesses, both established and startup, what differentiates Nexus from the rest?

 

I truly think that our culture is our true differentiator. Coders are coders and AI scientists are AI scientists. But what characterises us is this unique blend of cultures and diversity that make working at Nexus the real contribution. Even among the founders, the five of us could not be more diverse from each other. Still, this has not prevented us from creating a culture of respect and cohesion. We are so comfortable being who we really are that we never fear being candid and transparent, so clearly red tape is not something we know about.

 

Then of course there is the technology and the fact that I think we are advanced and have winning ideas that need to permeate the market, but again, ¨culture eats strategy for breakfast¨ is what Peter Drucker used to say and I can’t agree more.

 

You have partnerships with various higher education institutions. What value does that bring to Nexus?

 

The most immediate value is that we can tap on a pool of talent that is high end. From Harvard, Cambridge, IE, Hult, etc. We can truly recruit on a global scale. Second to this, these institutions can always offer leads to us that we may be able to convert into value. It is also an important aspect of reassurance for our investors.

 

What is a common misconception that business owners/leaders have about AI?

 

That we can work on any possible project. The truth is that capabilities are factors we can’t ignore and often between what the market may want and what we may be able to do, there must be an organisational alignment effort. Nexus is usually capable of this, but in many people’s heads things happen quicker than in real circumstances and we need to set realistic expectations. 

 

As Chief Learning Officer of Nexus, what is your role in the growth of the business? What is your biggest contribution?

 

My role is a hybrid of many things, mainly carved and designed around my bread and butter. So there is a bit of lobbying, lots of research through publications that I curate on a very small scale but which has exposed some of the members of our community to larger platforms. And then there is training, a sourcing of applicants, etc. It’s not an easy role to define but hopefully a support role to many others in more operational roles. 

 

What does ¨unlocking the power of AI¨ mean to you?

 

Working at Nexus is a good way to put this question into context. It rewrites the conversation on work and contribution to society and it provides us with time horizons we had never thought of. 

 

Where do you see Nexus in 10 years time?

 

It is likely that the company may evolve into a classic exit strategy such as IPO or M/A, and if that ever happens, Nexus will move to its next normal phase of evolution. Regardless of my own thoughts, my hope is that Nexus will still be a guarantor of openness, transparency and care, even if we are a tech company. 

Terence Tse,PhD Nexus FrontierTechの共同創業者兼エグゼクティブディレクター。ESCPヨーロッパビジネススクールのロンドンキャンパスにてファイナンス分野の准教授を務める。 また、「Understanding How the Future Unfolds: Using DRIVE to Harness the Power of Today’s Megatrends」を共著。このフレームワークは、ビジネス思想のリーダーシップで最も権威のある賞であるThinkers50によって、CK Prahalad Breakthrough Idea Awardにノミネートされる。さらに英国のチャータード・マネージメント・インスティテュートが発行する専門誌「Professional Manager」が、2018年に経営とリーダーシップを再形成した18名のニューボイスにも選出される。米国のビジネス誌「Talent Quarterly」も、DRIVEフレームワークを今後のマネジメントを変革する24のトレンドの一つに挙げている。 

 

あなたはケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクール大学やESPCヨーロッパなどの一流大学にて様々な活動をしており、高等教育に強いバックグラウンドを持っています。 AIスタートアップの共同設立に至った経緯は?

 

実は、Nexusの共同設立は偶然の結果でした。同じく共同創業者のMark Expositoと共に「Understanding How the Future Unfolds: Using Drive to Harness the Power of Today’s Megatrends」という本を執筆した後、私はどのような技術が実際に実現可能なのか、新しいテクノロジーへの強い関心が高まっていました。 ちょうどその頃、私たちの本を読んだダニーが、新しい事業をUKでスタートしたので私に会いたいと連絡があったのです。それがNexus FrontierTechでした。

 

一般の人々がAIについて持っている最大の誤解についてどう思いますか?

 

多くの人々が未だにAIで何ができるのかを分かっていません。ちなみに、現時点では見ている画像が犬なのか猫なのかさえ識別できません。 AIは犬であるかどうかを判断しようとするだけです。 AIが達成できるものが限られており、多くのメディアがAIを正しく伝えられていないことは確かです。 また、私たちが得た経験から感じたもう一つの大きなズレ、実はAIを実際に運用する上で最も難しい部分は開発自体ではなく、クライアント側の既存システムにそれを適応させることなのです。 市場にはかなりの数のAIアプリケーション/ベンダーがプロダクトをリリースしていますが、実際にそのような既製のソリューションが、クライアントの目的を正確に満たすことは容易ではありません。そして、そのほとんどが失敗に終わっています。

 

AIは流行語だと思っている人もいます。そこに何かメリットがあると思いますか?

 

実際にAIはある種の流行語となっています。 AIと聞くと多くの人は人間の仕事を代わりに行うロボットのような機械をイメージしていると思いますが、結局のところ、AIには "知性" がありません。 これは、"知性"とは創造性、問題解決能力、共感力を含むものを意味するからです。そして機械はそれらをどれも持っていません。個人的には、"自然言語処理" や "画像認識" などの用語に使用しています。 これらの用語は、AIのような包括的で曖昧な言葉とは異なり、機械が実行できることを正確に表現しているからです。 

 

クライアントにソリューションを提案する際にAI企業が直面する最大の課題は何ですか?

 

それはしばしば最初の一歩を踏み出しています。 一部の企業は、AIについてこれまでまったく試したことがなく、むしろ知らない場合もあり、テクノロジーを利用することにも消極的です。 AIがその潜在能力を発揮するためには、クライアントそれぞれに合わせてカスタマイズする必要があることは言うまでもありません。 そしてこれには多くの作業が伴います。 実際に何度か企業がAIを導入しようとしているのを見たことがあります。 しかし、間違ったベンダーに声をかけてしまい、無駄の予算をかけた割にまったく価値を出せなかったり、またベンダー側も概念実証の範囲を越えられなかったりする場合が多々ありました。その結果、彼らは失望し、再度AIを導入しようとする場合、より慎重なアプローチを取ることになります。 彼らは最初にNexusFrontierTechと話をするべきでしたね(笑)。

 

あなたは、Nexus CEOのダニーと最高学習責任者のMark Esposito博士と共著して、別の著書「The AI Republic: Building the Nexus Between Humans and Intelligent Automation」を共著しました。 この本で触れていることと、現在のNexusの使命との関連について教えてください。

 

私たちはAIを分かりやすく説明し、実際にできることとできないことを具体化したいと思っています。 また、現代のAIがどのようにして実現するのか、テクノロジーの技術的側面についても説明しています。AIは将来、世界に大きな影響を与えます。この本はその技術に関する倫理的な問題についても取り上げます。

 

Nexusは「AIに民主化を!」をミッションに掲げています。 これはあなたにとってどういう意味ですか?

 

この質問には、私もダニーがよく使う例え話を使って説明しています。 私たちが最初にインターネットに出会った時のことを覚えていますか? 当時は、Webサイトをまとめるとしたら、たくさんのプログラミングをしなければならないでしょう。 これは行うべき技能と装備を持っている人に限られていました。 最近では、特定のアプリケーションを使ってドラッグアンドドロップできるため、Webサイトの構築に必要なプログラミング知識はほとんどありません。 それと同様に、「AIを民主化」するため、私たちは誰もが簡単に使えるアプリケーションを提供します。 私達のプロダクト「Podder.ai」はリサーチャーやエンジニアがクライアント向けに作っているAIプロダクトを簡単に構築することができ、またクライアント側はAIベンダーの技術導入を簡単に行うことが可能になるでしょう!

HANOI – 1st April 2019 – IT Viec, a leading job site in Vietnam specialising in matching IT jobs with highly qualified candidates, has just named Nexus FrontierTech the #7 Best IT Company in Vietnam for 2019.

 

Nexus joins the ranks of companies such as business accelerator NFQ Asia, Absolute Software Corporation, and ZALORA Group, the South Pacific’s leading online fashion destination.

 

The list, consisting of 15 of the country’s most ambitious and worker-friendly IT companies, was released last Thursday, 28th March.  Every year the online job site gathers over 8,000 reviews from both current and former employees to assess satisfaction and recommendation rates for each company.  Top-ranked companies typically boast high ratings for compensation and benefits packages, work and office environment, work-life balance, and professional development, among other things.

 

 

Nexus had an overall rating of 4.6 out of 5, with 93% of reviewers recommending the AI solutions company as a place to work. Comments from reviewers mentioned a ¨dynamic and comfortable environment with ability to work remotely, a ¨management team with good expertise and experience,¨ and many opportunities for non senior-level employees to learn and develop. 

 

¨We always try to create an environment that feels like a second home to our members, one where you’ll actually enjoy coming to work everyday,¨ says Hayley Nguyen, Country Director at Nexus FrontierTech. ¨We want our team to feel safe when sharing their opinions, and we honour ownership and transparency at our core.¨

 

To see the full list of winners, visit www.itviec.com

For more information on job opportunities with Nexus, visit www.nexusfrontier.tech/careers

Tiffany Moore ロサンゼルス出身。2018年5月からNexus FrontierTechのグローバルマーケティングマネージャーに就任。Loyola Marymount Universityでコミュニケーションおよびジャーナリズムを学び、エンターテイメント、オンラインゲーム、高等教育機関など、さまざまな分野でキャリアを経験。また、ガーナ、マレーシア、南アフリカ、バハマ、スペインなど、世界中の国々で仕事をしてきた幅広いな経験を持つ。2018年5月より、世界規模に展開するNexus FrontierTechのマーケティング担当としてグローバルマーケティングマネージャーに就任。

 

あなたの経歴はジャーナリズムで、高等教育機関や、ゲーム、エンターテイメント業界など多くの分野で勤務経験がありますが、 あなたがテクノロジー業界を選んだきっかけは?

 

正直に言うと、この機会が突然が降ってきたような感じです。 私は大学でコミュニケーションとジャーナリズムを学び、いずれは自分がニュースやエンターテイメント業界で働くものだと思い描いていました。幸運にも私はテレビとラジオ業界に足を踏み入れることができましたが、すぐにこの業界が向いていないことに気づいたんです。 卒業後、私はスペイン語を学ぶためにスペインに引っ越し、フィンランドのゲーム会社で働き始めました。ここではユーザーと直接対話することをができたのでとても楽しい経験をさせてもらいました。その後、IEビジネススクールの高等教育機関に転職し、そこでNexusの共同創設者であるMark Espositoに出会ったのです。 彼とNexusの使命とビジョンについて話をするにつれ、私は自分がもうNexusの一員にならなければならないことを悟りました。あとはみんなが知っての通りです(笑)。


あなたにとって、これがスタートアップに入る初めての経験のようです。どんな心境ですか?

 

そうなんです。私にとって非常にチャレンジングなことですね!スタートアップはとても速いペースで物事が動き、期限ギリギリに追加の変更が来たり、同時に次のキャンペーンを開始する必要があったりと、息をつく暇もありません。しかしそれはまた楽しさであったりもします。 縦型な組織形態の会社ではほぼ不可能ですが、Nexusでは色々な役割や責任に触れることができます。 自分のやっている仕事が会社の成長に直接影響を与えることが分かった上で、業務を遂行することは非常にやりがいがありますね。  


もう1つの課題は、Nexusのグローバルな側面です。 ロンドン、ベトナム、バンコク、東京、そしてボストンにチームがあります。 世界中のチームメンバーと効果的にコミュニケーションしようとするのは容易ではありませんが、私たちはそれを行い、同時に成長しています。 それは、この会社がいかにスピード感があることを示しています。

 

AIに携わる企業がクライアントにメリットを伝える際、彼らにとって最大の課題は何だと思いますか?

 

AIという言葉は、近年流行語として使用されているように思います。確かにAIは話題になりつつありますが、残念ながらあまりにも多くの企業が自社を「AI主導の企業」と主張しています。 AIを使用して全社規模のソリューションを提供することになると、大多数の企業は実現できていないように思えます。  

 

Nexusでは、私たちのチームがクライアントと直接協力して、問題点を特定し、データを分析およびソートする際に、クライアントが見ている状況と展望を考慮に入れたオーダーメイドのソリューションを開発します。 決まりきった手法を無理に適用しようとしても、課題解決や価値向上には繋がらない場合が多いですしね。

 

Nexusの強みは何だと思いますか?

 

それは間違いなくメンバーのタレント性ですね。 私たちには100人以上のエンジニア、科学者、プロジェクトおよびプロダクトマネージャー、そして仕事に情熱を傾けている研究者のチームがいます。 彼らのプロフェッショナルな経歴や、エネルギー、そして物事をやり抜く力は私にとってとても衝撃的でした。Nexusでやっていることは9時から5時まで働く一般的な仕事ではなく、生き方そのものであり、私たちはお互いの成功を分かち合っています。

 

Nexusのグローバルマーケティングマネージャーとして何に貢献したいですか?

 

私は、Nexusがテクノロジー業界とそのクライアント、そしてAIの教育と成長への情熱を効果的に伝えたいと思っています。 これは単に見込み客を獲得したり、フォロワーを獲得したりすることではありません。 Nexusが最新のテクノロジーとリサーチを活用して世界をより良くしたいと考える企業、AIベンダー、およびAIエンジニアにとって信頼できるパートナーになることです。 そしてコミュニティを築き、AIの持つ力と人材を育成することです。 私たちが感じているワクワクさをぜひ他の人にも伝えたいと思っています。

 

あなたのことを一言で言うと?

 

「好奇心」ですね。

 

Nexusを一語で説明すると?

 

Agile (素早くて頭の回転が早い)です!

James Sintros ボストンを拠点とする取締役、コンサルタント、慈善家、投資家で、世界中の企業、教育機関、医療機関、および慈善団体の役員を務める。様々な民間企業および上場企業にて会社創業、資金調達にも成功。過去には、Sportamy,Inc.のCEOや、Monitor Groupの会長兼CEOの上級顧問も務め、ハルト・インターナショナル・ビジネススクールを設立、現在も成長を支援。 また、国際モーターレースとレースドライバーの人材開発活動も行なっている。 現在はExecutive DirectorとしてNexusFrontierTechにも参画。

 

最初にNexus FrontierTech知ったのはどのような経緯ですか?

 

Nexus FrontierTechの創設者であるダニー ・ゴーとは長い付き合いなんです。 最初に会ったのはハルト・インターナショナル・ビジネススクールで、私たちは一緒に仕事をしていました。 ダニーがハルトに滞在した後も連絡を取り合っており、彼は素晴らしい友人です。

その後、ロンドンへ何回か出向く中、ダニーから彼の新しいベンチャー、Nexus について話を聞く機会があり、そのコンセプトに非常に魅了されました。 そして、私は彼にアドバイスをしたり、現在ビジネスに関わっている専門家、投資家などを彼を紹介しました。 創業当初からダニーをずっと支援をしていたのです。 そしてある時、 彼から会社に参画してくれないか、と頼まれまれたのです。より実践的な役割としてNexusに携わるべく、私はエグゼクティブディレクターに就任しました。

 

エグゼクティブディレクターとして、Nexusの発展にどのような貢献をしたいと考えていますか?

 

私は、Nexusの事業活動を支援する際に活用できる、長年のキャリアから得た素晴らしいグローバルネットワークを持っています。

ダニーにアドバイスをするだけでなく、適切な人々、つまりNexusのビジョンに共感し、それをサポートすることができる人々と繋げることによって、Nexusで重要な役割を果たすことができると確信しています。

 

あなたが思うNexusの未来はどんなものですか?

 

Nexusは、世界で最も有名な金融サービス業や製造会社など、実際の企業が抱える課題解決のために実践的な業務を請け負っています。

例えば中国では、人々がAIについて考えるとき、彼らはロボットを思い浮かべるそうです。私の個人的意見では、彼らはAIが持つ機能や目的について完全に理解しているわけではありません。彼らが優れているのは複製ですが、それはこの業界や実際のビジネスが必要とすることではありません。

一方、アメリカでは、理論的および仮説的なAI活動に重点が置かれているようです。確かに、先見の明がありますが、実際にビジネスや産業を支援するAIテクノロジーの導入化を推進する為、実際に行われたことは何でしょう?

ダニーのNexusに対する哲学と戦略は私に大きな感銘を与えました。彼はNexusが実際にクライアントのため、物事を成し遂げることができること、そして自分たちが、ただ仮説を立てて、理論的な解決策をこねくり回すだけのチームではないことを証明したいという意思があります。 彼らは現場にいて前線に立っているのです!
だからこそ私はNexusのメンバーと事業にワクワクしています。

 

Nexusの世界的な使命は、"Democratise the use of AI" (AIに民主化を!)です。 これはあなたにとってどういう意味ですか?

 

AIを民主化する方法は、そんな秘密にするようなことではないと思います。 大企業、中小企業、ベンチャー企業、全ての企業がこのテクノロジーにアクセスできるようにすることで、より効率的に収益を上げることが可能です。

現在の問題は、企業だけでなく一般の人々も、実際にAIが何であるかを完全に理解していないことです。 みんなまだその本当の可能性が何であるかわからない。 NexusはAIを誰でも利用できるようにしたいと考えています。 それをシンプルでわかりやすく、具体的かつ実現可能にします。

 

Nexusがテクノロジー業界で直面する最大の課題は何だと思いますか?

 

最大の課題は、人々が自分のビジネスを支援するためのツールとしてAIを受け入れ、適応し、それに移行することを可能にすることです。 それは常識を覆すことであり、歴史的に行われてきたDisruptive technology(破壊的技術)と同じように、人々が適応するには時間がかかります。 例えば、固定電話からスマートフォンへの移行のように一晩で変化することはありません。AIの進化は、他の新しいテクノロジーと同じように起こります。

もう一つの課題は、人々がAIを試して自分たちのビジネスに適応させたい部分を、ユーザーフレンドリーにすることです。

Nexusの素晴らしいところは、チームが技術とそのメリットを技術経験の少ない人にも丁寧に説明できるメンバーで成り立っていることです。大事なのはそれをはっきりと、相手が理解するまで説明すること、そうすれば人々は理解するだけでなく適応することに熱心になります。

Nexusについてのもう一つの重要な点は、それがニッチな製品ではないということです。 このテクノロジーは、あらゆるビジネスや業界に適応できます。 他のAI企業よりもはるかに広範なアプローチが可能です。 Nexusはゲームチェンジャーなのです。

Hanoi, Vietnam – Nexus FrontierTech has proudly launched rubikAI, spearheading AI training and community-building in the Southeast Asian region.

 

Previously known as Innovatube, Nexus FrontierTech has already established itself as a hub for fostering AI talents in the Asian region. Since its inception 3 years ago, the company has gathered over 6000 attendees in their summits, workshops and hackathons, bringing together hundreds of scientists, engineers, educators and AI enthusiasts alike.  They have been especially active in the local startup ecosystem, running an active platform for local entrepreneurs and continually investing in small companies with big visions for the future of AI. These efforts now fall under the initiative’s rubikHUB category.

 

In 2019, rubikHUB will continue their community-building activities with Hanoi AI Week, a series of events co-hosted with the top AI companies in Vietnam that will be open to anyone wanting to join, and the Vietnam AI Summit, where decision-makers and business leaders will gather to discuss opportunities and challenges of the AI ecosystem in Vietnam and the region.

 

The startup is now also offering face-to-face courses taking place in Ha Noi, Vietnam, with the aim of maximizing AI literacy under rubikTRAIN. These courses are accessible to anyone, regardless of having a technical background or not. Using the problem-based learning (PBL) method, participants will acquire the AI know-how along with career orientation backed by their network of renowned experts and businesses.

 

Students attended the the first class of rubikAI’s Fundamentals Course in Ha Noi on 3 January 2019

 

The course offerings include Natural Language Processing (NLP), Recommender System, Computer Vision, and even a 6-week Fundamentals Course, meant for beginners with no technical background, but are thinking of pursuing a career in AI. There will also be 1-day training programs, or Bootcamps, for growth hacking. Each Bootcamp’s content will vary and be suitable for participants with or without a tech background.

 

¨We’re already quite recongnised in the region for building a strong AI community, and especially for the support we give to ambitious deep tech startups, so the idea of rubikHUB came quite easily,¨ says Nexus FrontierTech CEO and rubikAI Director Danny Goh. ¨What’s really new and exciting for us is the launch of rubikTRAIN. Technology is moving at such a rapid pace that it’s critical to develop talent that is equipped with the tools and knowledge necessary to make these technological capabilities applicable in a business climate. Over the years we’ve gathered so much experience that it was only natural for us to share this experience with other AI enthusiasts.¨

 

For more information about rubikAI, visit www.rubikai.com, or send an email to [email protected]

Alice St George オーストラリア出身、ロンドン在中。弁護士として、オーストラリアと英国の大手法律事務所にて、M&Aと雇用法の分野で活躍。2015年ロンドンビジネススクールでMBAを取得後、デジタル業界で、事業開発、組織運営に関わる豊富な経験を持つ。2018年9月より、Nexus FrontierTechにコマーシャルディレクターとして参画。 

 

弁護士 としてのバックグランドからAI、テクノロジー業界へと、異業種への挑戦になりますが、Nexusに参加した理由を教えてください。

 

弁護士として数年勤務した後、もっと商業的な分野での活躍を望んでいることに気付き、視野を広げるためMBAを取得することにしました。 ロンドンビジネススクールで2年間過ごした後、とあるテクノロジー会社に入社し、そこでテクノロジーがビジネスで果たすことができる役割と消費者の生活についてもっとさらに深く知りたいと思いました。テクノロジーは、世の中に変革をもたらし、物事を改善する非常に重要な要因であると思っています。

 

さらに興味深いのが、スタートアップの分野への転職です。 この変化を遂げた今、あなたが最も挑戦的で驚くべきことは何ですか?

 

私にとって仕事のスピード感が早いことと、何でもこなさないといけない状況は、最大の挑戦であり、とてもエキサイティングですね。また、私を驚かせたもう一つのことはこの会社が持っているサポーターとそのネットワークです。ファンダーを通して、私たちの提案を聞いて、アドバイスを提供してくれ、さらにNexusを次のステージへ押し上げてくれる素晴らしい人々とつながることができています。

 

現在のビジネスシーンがAIとその機能について抱いている最も一般的な誤解は何だと思いますか?

 

一つの事実はそれが人間の冗長性につながるということ。 Nexusでは、成功・目的達成などを可能にする手法としてAIに焦点を当てています。AIは人々や人間の心を不適切なものにするのではなく、シンプルに物事の過程に効率化をもたらすものだと思います。

 

あなたの経験上、企業がAIプロバイダーを探している時、何を最も重視していると思いますか?

 

これはそれぞれの会社によって大きく異なると思います。 予測分析の大幅な変更を検討する人もいれば、ビジネスプロセスを改善するためにAIを導入することを検討する人もいます。 それは「ビッグバン」のようなアプローチではありませんが、結果は同じくらい価値があります。 一般的に企業は、技術的スキルとビジネスロジックを組み合わせたAIプロバイダーを探しているようです。プロバイダーは、最大の効果をもたらす為に、ビジネス上の問題を理解し、技術的能力を組み合わせる必要がありますね。

 

1日の仕事のスタイルはどんな感じですか?

 

典型的な1日というのがあんまりないんです…(笑)。 これこそまさに私の役割とNexusの旅にとって非常にエキサイティングなことですね!

 

コマーシャルディレクターとして、あなたは「ビジネスの成功」をどう捉えてますか?

 

最高レベルでいうと、仕事の獲得やプロジェクトの成功による収益は、私たちにとって非常に重要な成功基準です。 しかしそれ以上のものがあると私は思います。 同じクライアントから定期的にプロジェクトを受ける、また紹介を通じて仕事を頂き、プロジェクトに対するクライアントの期待を超えることは、私たちが良い仕事をしたという指標になります。これも大きな成功基準ですね。

 

Nexusが直面する最大の課題は?

 

私たちが成長しているときに直面する最大の課題のひとつは、スピード感を持ってスキルを獲得し、それをさらに伸ばすことですね。

 

Nexusを一語で説明すると?

 

Zealous (情熱に満ちてます) !

jaJA
en_USEN viVI jaJA