Media

18 October, 2019, London, United Kingdom – Nexus FrontierTech and the UK Government’s Office of AI, acting under the Department of Digital, Culture, Media and Sport (DCMS), have collaborated to spread insight into the power of artificial intelligence in both the private and public sectors.

 

On Friday the DCMS published a Nexus FrontierTech-produced case study on how a UK-based global bank used AI to enhance operational efficiency. This case study joins a collection the Office of AI has published to provide delivery teams ¨more specific guidance on the different considerations for projects with AI components,¨ drawing on best practice from both the commercial and public sectors.

 

The UK Government is currently ranked second globally in terms of AI readiness and in the top three countries globally in the development of AI technologies, putting the nation in prime position to leverage these advancements for economic growth.

 

 

For more information on the DCMS’s efforts, visit their website.
For the latest Nexus FrontierTech news, events and thought-leadership sign up for our monthly newsletter.

6 October 2019, Hanoi, Vietnam – Last Sunday the event “Vietnam Frontier Summit 2019: Intelligence in Motion”, which was organized by rubikAI, Nexus FrontierTech and VTV24, took place successfully. The event attracted the attention of the public as well as the media as there were nearly 20 start-ups participating as exhibitors, 36 leading industry experts who stepped foot on 3 discussion stages and over 1,200 technology enthusiasts as participants.

 

Highlights of the event can include the presence of representatives from Deloitte, IBM Vietnam, Datamart, PAT Consulting, VNPT IT and especially Shark Nguyen Hoa Binh, CEO of NextTech Group. Over the course of 12 hours,  topics related to Artificial Intelligence in Industry 4.0 were discussed comprehensively, from digitizing government activities to applying new technology business management and operation system; from the digital transformation of different enterprises and industries to the potential of the next generation in Vietnam in making the country one of the leading technology centers in the region.

 

At the Exhibition Zone, the leading corporations in Vietnam’s technology industry were Aimesoft, Beetsoft, Asilla, ELSA, Ignite, Pixta, OSAM, Renova, AWS User Group, Wisami, Devwork, FUNix, Nexus FrontierTech and VAIS, showcasing their latest AI products and applications. Besides facial-recognition-related products such as “BiFace Check-in” at Beetsoft‘s booth and Asilla‘s unusual-activity-recognition camera, natural language processing applications also excited the audience with the presence of VAIS and ELSA – both are the leading companies in Vietnam which successfully apply this technology into their products. The rubikAI exhibition booth highlighted its main product of rubikTALENT program and was  visited by many students and tech enthusiasts interested in taking their interest to the next level. Also taking place at the Exhibition Zone were Community Talks with the presence of representatives from Pixta, AI Noodles Blog and AWS User Group – introducing and sharing knowledge around Artificial Intelligence with a variety of topics such as Image-to-Image Translation, Building chatbots with RASA, etc.

 

During the first discussion of Open Stage, Mr. Danny Goh, CEO of Nexus FrontierTech made an opening speech expressing his confidence in the new generation of AI engineers in Vietnam and his hope to develop the Vietnamese technology community through the Vietnam Frontier Summit. The first panel discussion, “Who will make a profit in the artificial intelligence ecosystem?” featured Mr. Danny Goh (Nexus FrontierTech), Mr. Ernest Xue (Hello Tomorrow) and Mr. Sang Shin (Temasek). All speakers agreed that new businesses have a great opportunity to make profit by providing technology applications for traditional businesses. Answering the question about the US-China technology race, the speakers also said that this should not be a technological war, but a battle to change human life. The speakers also agreed that Vietnam was indeed a potential destination for technological investment, but the problem was how to fully exploit these potentials.

 

In the afternoon, the Open Stage continued with an interesting yet urgent topic: “Leveraging frontier tech to transform government activities: Case studies in Vietnam”, witnessing the discussion between representatives from AI and Blockchain enterprises. Both speakers have an optimistic view on the future of digitizing government activities in the next 5-10 years. Although Mr. Hoang Minh Thanh (VAIS) showed concern that government’s systems have not been digitized and still has a ways to go, Mr. Hung Nguyen (KardiaChain) expressed his hopes that this will also be a great opportunity for start-ups to develop and propose new technology solutions on a national scale.

 

With the participation of leading experts from Deloitte, PAT Consulting, VNPT IT, the Deep-Dive Stage for Biz showcased successful case studies of AI applications and useful advice for businesses and entrepreneurs in the digital transformation stage. In the first session, Mr. Pavel Poskakhukhin, Deputy Director of Deloitte Southeast Asia, introduced RPA technology which according to him, although not developed in Vietnam due to its significant financial support, still had potential in the future due to high quality human resources in this country.  Speakers Tran Tuan Anh (Shopee), Nguyen Tien Cuong (VNPT IT), Oliver Tan (Visenze) and Le Anh Tuan (A1digihub) also discussed the specific cases in which AI is being integrated into enterprise. Mr. Oliver Tan claimed that in order to apply AI, businesses need data and systems to manage this data. Agreeing with Mr. Tan, Mr. Tran Tuan Anh shared about how Shopee took advantage of data in logistics, operations and customer care. Giving advice to businesses who want to apply AI, Mr. Nguyen Tien Cuong said that they should focus on the problem they are solving to be able to give a reasonable solution. After that, with the topic “Data strategy for Vietnamese businesses to leverage AI”, Mr. Phi Anh Tuan, Director of PAT Consulting, gave an overview of digital transformation. According to him data is not only the key to digital transformation but also the most valuable asset of the business. Companies have many opportunities in applying AI to its production, operation and management systems by maximizing enterprise data sources.

 

At the Deep-dive Stage for Tech, 7 discussion sessions with 7 speakers brought together in-depth topics that revealed the secrets behind the success of AI-driven products. The first session was brought by Mr. Nguyen Viet Thai (Asilla) who introduced “Human activity recognition system (HAR)”.  He shared HAR’s applications in everyday life, especially in public places such as railway stations and hospitals to help detect unusual activities to suggest appropriate actions. Mr. Pham Huu Quang from Sun Asterisk followed with a discussion on OCR technology in the digital transformation revolution, sharing that Sun Asterisk is specifically focused on extracting data from PDF files and image-to-text transition. Speaker Hajime Hotta from Nexus FrontierTech later brought up the topic “Preventive approach to design and sell healthy AI systems”. Bringing his own project management matrix theory, Mr. Hotta concluded that the 2 main factors that create success in building AI systems are effective project management and a stable technology platform.

 

For more information about Nexus FrontierTech events, sign up for our monthly newsletter.

 

20 September 2019 – Nexus FrontierTech’s UK-based team hosted the first of a series of Nexus-hosted AI seminars in Central London. Tuesday’s and Thursday’s seminar, ¨Beyond the Hype: How Banks Use AI to Drive Operational Efficiency¨ welcomed a group of over 30 banking and finance professionals looking to expand their knowledge  on the ways artificial intelligence is transforming the banking industry.

 

Hanizan Massod kicking off the session

 

Nexus CEO Danny Goh and Sales Director Hanizan Massod kicked off the session with an overview of AI’s impact on businesses’ digital transformation journey across the financial services industry, highlighting the benefits coming from the adoption and proper execution of AI in enterprise workflows and processes.

 

Attendees then took a deeper look into the biggest challenges banks face in this transformation, including on-demand access to data, cross-team collaboration and communication and visibility, as well as the ways intelligent automation can be leveraged to address these issues.  A framework for preparing for and setting up an intelligent automation system was explored, allowing participants to visualize and compartmentalize the various elements needed to integrate a successful automation solution.

 

CEO Danny Goh

¨We couldn’t be happier with the turnout and enthusiasm of our attendees,¨ said CEO Danny Goh. ¨It’s no secret that the financial services industry isn’t just tuned into the potential of AI, organisations are already adopting deep tech into their day-to-day business. The problem, though, is knowing how to integrate this technology with the data sets they already have, the various stakeholders involved, and the resources needed for it all to come together and prove fruitful. That’s where we know we can be of some help. Having an open dialogue is where transformation begins.¨

 

Nexus Commercial Director Alice St. George later presented a Case Study to show attendees a real example of how Nexus used this framework to successfully transform the sales quality review process of a large global bank.

 

The session ended with an open Q&A session, and a cocktail for guests to network with their peers.

 

This seminar was the first of a string of Nexus-sponsored events and webinars whose aim is to address industry-specific problems that could be benefited by the use of intelligent automation technology.

 

For more information about Nexus FrontierTech events, sign up for our monthly newsletter.

 

Using disruptive technology to turn ‘useless’ data into competitive advantage: An interview with Danny Goh, Co-founder and CEO of Nexus FrontierTech

 

*This is a guest post written by Ton Dobbe – Chief Inspiration Officer at Value Inspiration and host of the Value Inspiration Podcast.

 

Every week I interview entrepreneurs and experts from around the world to share their big idea about new forms of value creation and the potential we can unlock when technology augments the unique strengths of people to deliver remarkable impact.

 

Untouched value opportunity

 

I was inspired by the big idea behind Nexus FrontierTech, hence I invited Co-founder and CEO Danny Goh to my podcast. We explored the enormous value opportunity that millions of organizations leave untouched around unstructured data simply because the ‘can’t manage it’. We also explored Danny’s vision on how the world is changing from an app-centric world into a skill-centric world and how that will influence the way we can create solutions going forward.

 

The thing that triggered me most from my interview with Danny:

 

¨The advantage that we give to them [our clients], is they’re one step ahead of their competitors.¨

 

Why did this trigger me? What’s the bigger value I see?

 

Far too often we create IT solutions that are about creating efficiencies and cost savings. And while that’s all good, in the end it’s only about creating incremental value. What I admire in Nexus’ approach is they start with the outcome in mind and find ways to utilize the latest technologies to create competitive advantages for their customers. It’s the reflection of how the combination of technology and people can deliver value far beyond the expected. That’s where shifts in value are created. That’s enabling their customers get ahead of other players in the market.

 

What’s the bigger question / opportunity that is being raised?

 

It’s the question: ‘What’s stopping us from delivering more competitive advantage?’ From what I see around me a lot starts with mindset. It’s asking the simple question: ‘why’ more often. ‘Why does a mortgage process at a bank take weeks, sometimes months? Why can’t this be done in days?’ ‘Why is an M&A process occupying so many consultants for months?’ ‘Why do people need to drive certain processes forward?’ And ‘Why aren’t we utilizing the creative gifts of people so little in everyday situations?’

 

Too often we settle with making significant adjustments that effectively do nothing more than allowing people to do more of the things they’re not meant to be doing in the first place. Why not think different and invest in ‘skills’ upgrades that make people do better (rather than just ‘more’) and deliver value unimaginable before. That’s where today’s technology can have its greatest impact. We just need to start thinking this way.

 

Listen to the big idea behind Nexus FrontierTech, and why it has the potential to transform the competitive powers of virtually any organization.

マークは、ジュネーブとボストンに拠点にメガトレンドやビジネスモデルの革新と競争力を研究している社会経済ストラテジストです。彼は、未来がどのように展開するかを描いた「Using Drive to Harness the Power of Today’s Megatrends」の共著者であり、 都市、政府、国連機関に対し、ビジネスとテクノロジー、そして政府の間のインターフェースについて助言やコンサルティングなども行っています。

 

AIに興味を持ったきっかけと、Nexus FrontierTechを共同設立した理由は何ですか。

 

私はテクノロジーを、自分自身の理解の欠如から、万能薬ではなくパンドラの箱のようなものであると思っていました。しかし、Terence Tse博士と共著したメガトレンドに関する本を執筆したことで、全く新しい世界に出会うことができました。 専門家でも鑑識家でもありませんでしたが、このテクノロジーとの出会いは、私の教育研究活動をする上での大事な柱となりました。もちろん、政府や政府高官の方達にコンサルティングをする場合でも同様です。

 

現時点で、AIはどこまで進んでいるんでしょうか? 実際に実装されているものはあるんでしょうか??

 

これはどの部分を見るかによって答えが異なると思いますが、マクロの視点から答えると、 いくつか少数派を除いて、適切なAI戦略を考えることさえ程遠い国がまだたくさんあります。 
私は、AIは現代社会や一般の方々の意識において岐路に立っていると考えています。

私はこれを”行動無き大きな目覚め”と見ていますが、間違いなく、AIに関する全体的なコンパスは、実際にそれを使うであろう企業・行政、消費者などに向き始めています。 

 

スタートアップから大手に至るまで、多くのハイテク企業が、AIソリューションはビジネス拡大に非常に効果があると主張していますが、Nexusとの違いは何でしょうか?

 

私たちのカルチャー自体が私たちの真の差別化要因であると思っています。もちろん、コーダーはコーダーであり、AI科学者はAI科学者です。 しかし、私たちを特徴付けるのは、Nexusで働くことを真の貢献とする文化と多様性のユニークな融合なのです。 ファウンダー5人の間でさえ、私たちはこれ以上ないくらいバラバラです(笑)しかし、この事は私たちお互いの尊敬と結束力の妨げになっていません。私たちは、メンバーが率直で、隠し事がないことに満足していますし、手間や時間のかかるお役所的な作業とは全く縁のない世界にいます。

 

そしてもちろん、私たちにはマーケットに必要性が高い、最新のアイディアと技術力を持っているという事実があります。
繰り返しになりますが、Peter Druckerが言っていたことで「culture eats strategy for breakfast(文化が戦略を食う)」とありますが、私はこれ以上同意はできません。

 

様々な高等教育機関とのパートナーシップを結んでいますが、それはNexusにどのような価値をもたらしますか?

 

最も直接的な価値は、私たちがハーバード、ケンブリッジ、IE、ハルトなどの最高峰の優れた才能者たちの力を借りることができるということです。 
そして第二に、これらの教育機関は新しい価値となりうる可能性を持った様々なプロジェクトを提供してくれます。 私たちの投資家にとって、頼もしい重要な側面ですね。

 

ビジネスオーナーやリーダーがAIについて持っている一般的な誤解は何だと思いますか?

 

私たちはあらゆる可能なプロジェクトに取り組むことができます。 しかし、”能力の限界”は私たちが無視することができない要因であり、そして市場が望むことと私たちができることの間で、組織間の調整をしなければならない事は必ずあります。
 Nexusは通常そういう場合に対応していますが、頭の中で予想したことは実際の状況よりも早く起こる場合が多いので、私たちは現実的な期待値を設定する必要があります。 

 

Nexusのチーフラーニングオフィサーとして、ビジネスの成長のためにできる、あなたの役割は何ですか?

 

私の役割は、例えていうと、メインの食事に周りにデザインされ配置された、様々な混合物みたいなものです。 また、以前私が非常に狭いターゲット向けに出版したものの、その後結果的に大きな露出となり、弊社のメンバーも巻き込んだ本を通してのロビー活動や、それに関する研究がありますね。

さらにメンバーのトレーニング、リクルーティングなど、定義するのが簡単な役割ではありませんが、プロジェクトを開発・運用しているメンバーをサポートの役割であることが望ましいです。 

 

Nexusのミッションである「Unlocking the power of AI(AIの力を解き放つ)」とはどういう意味ですか?

 

それは仕事と社会への貢献についての定義を書き換え、そして私達が考えたこともなかった新しい未来を提供することになるでしょうね! 

 

10年後のNexusはどうなってると思いますか?

 

もちろん、IPOやM / Aなどの典型的なパターンに進化する可能性もありますが、それが起こった場合、Nexusは次の進化段階に進むでしょう。 私はNexusがハイテク企業であっても、オープン性、透明性、そして相手への気遣いを保証する組織であることを望んでいます。 

Terence Tse,PhD Nexus FrontierTechの共同創業者兼エグゼクティブディレクター。ESCPヨーロッパビジネススクールのロンドンキャンパスにてファイナンス分野の准教授を務める。 また、「Understanding How the Future Unfolds: Using DRIVE to Harness the Power of Today’s Megatrends」を共著。このフレームワークは、ビジネス思想のリーダーシップで最も権威のある賞であるThinkers50によって、CK Prahalad Breakthrough Idea Awardにノミネートされる。さらに英国のチャータード・マネージメント・インスティテュートが発行する専門誌「Professional Manager」が、2018年に経営とリーダーシップを再形成した18名のニューボイスにも選出される。米国のビジネス誌「Talent Quarterly」も、DRIVEフレームワークを今後のマネジメントを変革する24のトレンドの一つに挙げている。 

 

あなたはケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクール大学やESPCヨーロッパなどの一流大学にて様々な活動をしており、高等教育に強いバックグラウンドを持っています。 AIスタートアップの共同設立に至った経緯は?

 

実は、Nexusの共同設立は偶然の結果でした。同じく共同創業者のMark Expositoと共に「Understanding How the Future Unfolds: Using Drive to Harness the Power of Today’s Megatrends」という本を執筆した後、私はどのような技術が実際に実現可能なのか、新しいテクノロジーへの強い関心が高まっていました。 ちょうどその頃、私たちの本を読んだダニーが、新しい事業をUKでスタートしたので私に会いたいと連絡があったのです。それがNexus FrontierTechでした。

 

一般の人々がAIについて持っている最大の誤解についてどう思いますか?

 

多くの人々が未だにAIで何ができるのかを分かっていません。ちなみに、現時点では見ている画像が犬なのか猫なのかさえ識別できません。 AIは犬であるかどうかを判断しようとするだけです。 AIが達成できるものが限られており、多くのメディアがAIを正しく伝えられていないことは確かです。 また、私たちが得た経験から感じたもう一つの大きなズレ、実はAIを実際に運用する上で最も難しい部分は開発自体ではなく、クライアント側の既存システムにそれを適応させることなのです。 市場にはかなりの数のAIアプリケーション/ベンダーがプロダクトをリリースしていますが、実際にそのような既製のソリューションが、クライアントの目的を正確に満たすことは容易ではありません。そして、そのほとんどが失敗に終わっています。

 

AIは流行語だと思っている人もいます。そこに何かメリットがあると思いますか?

 

実際にAIはある種の流行語となっています。 AIと聞くと多くの人は人間の仕事を代わりに行うロボットのような機械をイメージしていると思いますが、結局のところ、AIには "知性" がありません。 これは、"知性"とは創造性、問題解決能力、共感力を含むものを意味するからです。そして機械はそれらをどれも持っていません。個人的には、"自然言語処理" や "画像認識" などの用語に使用しています。 これらの用語は、AIのような包括的で曖昧な言葉とは異なり、機械が実行できることを正確に表現しているからです。 

 

クライアントにソリューションを提案する際にAI企業が直面する最大の課題は何ですか?

 

それはしばしば最初の一歩を踏み出しています。 一部の企業は、AIについてこれまでまったく試したことがなく、むしろ知らない場合もあり、テクノロジーを利用することにも消極的です。 AIがその潜在能力を発揮するためには、クライアントそれぞれに合わせてカスタマイズする必要があることは言うまでもありません。 そしてこれには多くの作業が伴います。 実際に何度か企業がAIを導入しようとしているのを見たことがあります。 しかし、間違ったベンダーに声をかけてしまい、無駄の予算をかけた割にまったく価値を出せなかったり、またベンダー側も概念実証の範囲を越えられなかったりする場合が多々ありました。その結果、彼らは失望し、再度AIを導入しようとする場合、より慎重なアプローチを取ることになります。 彼らは最初にNexusFrontierTechと話をするべきでしたね(笑)。

 

あなたは、Nexus CEOのダニーと最高学習責任者のMark Esposito博士と共著して、別の著書「The AI Republic: Building the Nexus Between Humans and Intelligent Automation」を共著しました。 この本で触れていることと、現在のNexusの使命との関連について教えてください。

 

私たちはAIを分かりやすく説明し、実際にできることとできないことを具体化したいと思っています。 また、現代のAIがどのようにして実現するのか、テクノロジーの技術的側面についても説明しています。AIは将来、世界に大きな影響を与えます。この本はその技術に関する倫理的な問題についても取り上げます。

 

Nexusは「AIに民主化を!」をミッションに掲げています。 これはあなたにとってどういう意味ですか?

 

この質問には、私もダニーがよく使う例え話を使って説明しています。 私たちが最初にインターネットに出会った時のことを覚えていますか? 当時は、Webサイトをまとめるとしたら、たくさんのプログラミングをしなければならないでしょう。 これは行うべき技能と装備を持っている人に限られていました。 最近では、特定のアプリケーションを使ってドラッグアンドドロップできるため、Webサイトの構築に必要なプログラミング知識はほとんどありません。 それと同様に、「AIを民主化」するため、私たちは誰もが簡単に使えるアプリケーションを提供します。 私達のプロダクト「Podder.ai」はリサーチャーやエンジニアがクライアント向けに作っているAIプロダクトを簡単に構築することができ、またクライアント側はAIベンダーの技術導入を簡単に行うことが可能になるでしょう!

Tiffany Moore ロサンゼルス出身。2018年5月からNexus FrontierTechのグローバルマーケティングマネージャーに就任。Loyola Marymount Universityでコミュニケーションおよびジャーナリズムを学び、エンターテイメント、オンラインゲーム、高等教育機関など、さまざまな分野でキャリアを経験。また、ガーナ、マレーシア、南アフリカ、バハマ、スペインなど、世界中の国々で仕事をしてきた幅広いな経験を持つ。2018年5月より、世界規模に展開するNexus FrontierTechのマーケティング担当としてグローバルマーケティングマネージャーに就任。

 

あなたの経歴はジャーナリズムで、高等教育機関や、ゲーム、エンターテイメント業界など多くの分野で勤務経験がありますが、 あなたがテクノロジー業界を選んだきっかけは?

 

正直に言うと、この機会が突然が降ってきたような感じです。 私は大学でコミュニケーションとジャーナリズムを学び、いずれは自分がニュースやエンターテイメント業界で働くものだと思い描いていました。幸運にも私はテレビとラジオ業界に足を踏み入れることができましたが、すぐにこの業界が向いていないことに気づいたんです。 卒業後、私はスペイン語を学ぶためにスペインに引っ越し、フィンランドのゲーム会社で働き始めました。ここではユーザーと直接対話することをができたのでとても楽しい経験をさせてもらいました。その後、IEビジネススクールの高等教育機関に転職し、そこでNexusの共同創設者であるMark Espositoに出会ったのです。 彼とNexusの使命とビジョンについて話をするにつれ、私は自分がもうNexusの一員にならなければならないことを悟りました。あとはみんなが知っての通りです(笑)。


あなたにとって、これがスタートアップに入る初めての経験のようです。どんな心境ですか?

 

そうなんです。私にとって非常にチャレンジングなことですね!スタートアップはとても速いペースで物事が動き、期限ギリギリに追加の変更が来たり、同時に次のキャンペーンを開始する必要があったりと、息をつく暇もありません。しかしそれはまた楽しさであったりもします。 縦型な組織形態の会社ではほぼ不可能ですが、Nexusでは色々な役割や責任に触れることができます。 自分のやっている仕事が会社の成長に直接影響を与えることが分かった上で、業務を遂行することは非常にやりがいがありますね。  


もう1つの課題は、Nexusのグローバルな側面です。 ロンドン、ベトナム、バンコク、東京、そしてボストンにチームがあります。 世界中のチームメンバーと効果的にコミュニケーションしようとするのは容易ではありませんが、私たちはそれを行い、同時に成長しています。 それは、この会社がいかにスピード感があることを示しています。

 

AIに携わる企業がクライアントにメリットを伝える際、彼らにとって最大の課題は何だと思いますか?

 

AIという言葉は、近年流行語として使用されているように思います。確かにAIは話題になりつつありますが、残念ながらあまりにも多くの企業が自社を「AI主導の企業」と主張しています。 AIを使用して全社規模のソリューションを提供することになると、大多数の企業は実現できていないように思えます。  

 

Nexusでは、私たちのチームがクライアントと直接協力して、問題点を特定し、データを分析およびソートする際に、クライアントが見ている状況と展望を考慮に入れたオーダーメイドのソリューションを開発します。 決まりきった手法を無理に適用しようとしても、課題解決や価値向上には繋がらない場合が多いですしね。

 

Nexusの強みは何だと思いますか?

 

それは間違いなくメンバーのタレント性ですね。 私たちには100人以上のエンジニア、科学者、プロジェクトおよびプロダクトマネージャー、そして仕事に情熱を傾けている研究者のチームがいます。 彼らのプロフェッショナルな経歴や、エネルギー、そして物事をやり抜く力は私にとってとても衝撃的でした。Nexusでやっていることは9時から5時まで働く一般的な仕事ではなく、生き方そのものであり、私たちはお互いの成功を分かち合っています。

 

Nexusのグローバルマーケティングマネージャーとして何に貢献したいですか?

 

私は、Nexusがテクノロジー業界とそのクライアント、そしてAIの教育と成長への情熱を効果的に伝えたいと思っています。 これは単に見込み客を獲得したり、フォロワーを獲得したりすることではありません。 Nexusが最新のテクノロジーとリサーチを活用して世界をより良くしたいと考える企業、AIベンダー、およびAIエンジニアにとって信頼できるパートナーになることです。 そしてコミュニティを築き、AIの持つ力と人材を育成することです。 私たちが感じているワクワクさをぜひ他の人にも伝えたいと思っています。

 

あなたのことを一言で言うと?

 

「好奇心」ですね。

 

Nexusを一語で説明すると?

 

Agile (素早くて頭の回転が早い)です!

Ha Noi, Viet Nam – October 6, 2018 – The Vietnam Frontier Summit, one of the largest frontier technology conferences in Asia, took place October 6th at the Forever Mark Centre in Ha Noi, Viet Nam with the theme ¨Fostering Innovation with Frontier Technologies.¨ The one-day event, hosted by Innovatube Frontier Labs (Nexus FrontierTech’s operating arm in Viet Nam) and sponsored by  the Vietnam Ministry of Science and Technology, brought together over 1600 attendees from around the globe with the goal of discussing the tech start-up ecosystem in Viet Nam, as well as experiences and ways to foster and promote start-up capacity in the region.

 

 

The event featured 4 stages running in parallel with leading experts and founders discussing the macro context of the deep tech ecosystem in Viet Nam, top executives commenting on frameworks to unlock innovation inside organizations, and technical workshops for software developers, researchers and CTOs. The summit hosted 60 speakers, with some of the most noteworthy including Hà Thanh An, Managing Director of Startup Viet Partners, Oliver Tan, Co-Founder and CEO of ViSenze, Kazuhiro Obara, Forbes Columnist, and Hajime Hotta, Chief AI Scientist of Nexus Frontier Tech.

 

 
Pham Van Toan, Head of AI Research at Framgia Inc.

 

Always Be Raising, the first start-up investment conference in Vietnam, had a special home on the Summit’s investment stage, where over 50 start-ups and investors had the chance to network and share knowledge in one dedicated space.

 

Hajime Hotta, Chief AI Scientist of Innovatube Frontier Technologies and speaker at the event, commented: ¨VFS was the first attempt to bring together such a large group of tech investors, speakers, executives and investors at the APAC regional level. We’re happy to see the great success of the event.¨

 

For a more complete summary of the events at the Vietnam Frontier Summit, click here.

James Sintros ボストンを拠点とする取締役、コンサルタント、慈善家、投資家で、世界中の企業、教育機関、医療機関、および慈善団体の役員を務める。様々な民間企業および上場企業にて会社創業、資金調達にも成功。過去には、Sportamy,Inc.のCEOや、Monitor Groupの会長兼CEOの上級顧問も務め、ハルト・インターナショナル・ビジネススクールを設立、現在も成長を支援。 また、国際モーターレースとレースドライバーの人材開発活動も行なっている。 現在はExecutive DirectorとしてNexusFrontierTechにも参画。

 

最初にNexus FrontierTech知ったのはどのような経緯ですか?

 

Nexus FrontierTechの創設者であるダニー ・ゴーとは長い付き合いなんです。 最初に会ったのはハルト・インターナショナル・ビジネススクールで、私たちは一緒に仕事をしていました。 ダニーがハルトに滞在した後も連絡を取り合っており、彼は素晴らしい友人です。

その後、ロンドンへ何回か出向く中、ダニーから彼の新しいベンチャー、Nexus について話を聞く機会があり、そのコンセプトに非常に魅了されました。 そして、私は彼にアドバイスをしたり、現在ビジネスに関わっている専門家、投資家などを彼を紹介しました。 創業当初からダニーをずっと支援をしていたのです。 そしてある時、 彼から会社に参画してくれないか、と頼まれまれたのです。より実践的な役割としてNexusに携わるべく、私はエグゼクティブディレクターに就任しました。

 

エグゼクティブディレクターとして、Nexusの発展にどのような貢献をしたいと考えていますか?

 

私は、Nexusの事業活動を支援する際に活用できる、長年のキャリアから得た素晴らしいグローバルネットワークを持っています。

ダニーにアドバイスをするだけでなく、適切な人々、つまりNexusのビジョンに共感し、それをサポートすることができる人々と繋げることによって、Nexusで重要な役割を果たすことができると確信しています。

 

あなたが思うNexusの未来はどんなものですか?

 

Nexusは、世界で最も有名な金融サービス業や製造会社など、実際の企業が抱える課題解決のために実践的な業務を請け負っています。

例えば中国では、人々がAIについて考えるとき、彼らはロボットを思い浮かべるそうです。私の個人的意見では、彼らはAIが持つ機能や目的について完全に理解しているわけではありません。彼らが優れているのは複製ですが、それはこの業界や実際のビジネスが必要とすることではありません。

一方、アメリカでは、理論的および仮説的なAI活動に重点が置かれているようです。確かに、先見の明がありますが、実際にビジネスや産業を支援するAIテクノロジーの導入化を推進する為、実際に行われたことは何でしょう?

ダニーのNexusに対する哲学と戦略は私に大きな感銘を与えました。彼はNexusが実際にクライアントのため、物事を成し遂げることができること、そして自分たちが、ただ仮説を立てて、理論的な解決策をこねくり回すだけのチームではないことを証明したいという意思があります。 彼らは現場にいて前線に立っているのです!
だからこそ私はNexusのメンバーと事業にワクワクしています。

 

Nexusの世界的な使命は、"Democratise the use of AI" (AIに民主化を!)です。 これはあなたにとってどういう意味ですか?

 

AIを民主化する方法は、そんな秘密にするようなことではないと思います。 大企業、中小企業、ベンチャー企業、全ての企業がこのテクノロジーにアクセスできるようにすることで、より効率的に収益を上げることが可能です。

現在の問題は、企業だけでなく一般の人々も、実際にAIが何であるかを完全に理解していないことです。 みんなまだその本当の可能性が何であるかわからない。 NexusはAIを誰でも利用できるようにしたいと考えています。 それをシンプルでわかりやすく、具体的かつ実現可能にします。

 

Nexusがテクノロジー業界で直面する最大の課題は何だと思いますか?

 

最大の課題は、人々が自分のビジネスを支援するためのツールとしてAIを受け入れ、適応し、それに移行することを可能にすることです。 それは常識を覆すことであり、歴史的に行われてきたDisruptive technology(破壊的技術)と同じように、人々が適応するには時間がかかります。 例えば、固定電話からスマートフォンへの移行のように一晩で変化することはありません。AIの進化は、他の新しいテクノロジーと同じように起こります。

もう一つの課題は、人々がAIを試して自分たちのビジネスに適応させたい部分を、ユーザーフレンドリーにすることです。

Nexusの素晴らしいところは、チームが技術とそのメリットを技術経験の少ない人にも丁寧に説明できるメンバーで成り立っていることです。大事なのはそれをはっきりと、相手が理解するまで説明すること、そうすれば人々は理解するだけでなく適応することに熱心になります。

Nexusについてのもう一つの重要な点は、それがニッチな製品ではないということです。 このテクノロジーは、あらゆるビジネスや業界に適応できます。 他のAI企業よりもはるかに広範なアプローチが可能です。 Nexusはゲームチェンジャーなのです。

jaJA
en_USEN viVI jaJA